京都での屋根修理業者の選び方のコツとは?

京都での屋根修理業者の選び方のコツとは?

まずは数ある屋根修理業者の種類を知ろう!

皆様も屋根修理業者をお探しの際に気づかれたかもしれませんが、雨漏りにも対応した屋根修理をしてくれる業者には種類があります。
そして、屋根修理業者の種類によって、修理内容や価格まで変わってくるのです。

各種類の屋根修理業者にどのような特徴があるのか、詳しく見ていきましょう。

板金屋

「板金」は薄く伸ばした金属板をさしますが、「板金屋」は屋根や外壁の板金部分の工事を行う屋根修理業者のことです。
当社、山口板金はどんな屋根材にも対応可能ですが、基本的にはこの「板金屋」に該当します。
スレート屋根の場合は雨漏りや不具合の原因が棟板金にあることも多いため、屋根の簡単な修理、補修、雨樋の工事も行ってくれるところもあります。
屋根修理業者によっては屋根全体の葺き替えも行いますが、塗装は専門外の業者が多いように感じます。

瓦屋

屋根瓦の葺き替えをメインに行なっている屋根修理業者のことですが、最近はスレート材や金属系など屋根全般の葺き替えを行う瓦屋も増えています。
瓦でない場合も屋根修理に対応してくれる業者も多いですが、塗装はあまり行なっていません。

防水業者

雨漏り対応、防水工事全般を行う業者です。
防水層の施工が得意なため、雨漏り修理にも向いています。
戸建て住宅よりマンションやビルの工事を手掛けることが多いのが特徴です。
雨漏りだけに限らす、屋根の修理全般を行う業者も多いです。

工務店

工務店は規模の大小の幅が広いため、内容にもよりますが基本的に屋根修理を行ってくれます。
しかし、専門的な修理を行うことができない業者は下請けの屋根修理業者に丸投げする場合があり、その場合は中間マージン(仕事を流す仲介手数料)が発生し工事費用が高くなります。

塗装屋

塗装屋は屋根や外壁の塗装が専門の業者です。
塗装の延長として屋根の修理を行うところもありますが、あくまでも専門は塗装です。
根本的な原因を調査し解決するにはあまり向いていないと言えるでしょう。

京都での屋根修理業者選びで注意することは?

雨漏りなど屋根にトラブルが生じた時、屋根修理業者を探そうと思っても選び方がわからないという人は少なくないと思います。
そして、専門性のわかりにくさを利用して皆様にうまい話を持ちかけて強引に契約させる悪徳屋根修理業者もいます。

キャンペーンなどと言う、突然営業に訪ねてくる、見積もりが明確でなく金額がどんどん変わる、見積もり後に契約を急かす、など多数の被害例があります。
これらすべてが必ずしても悪徳屋根修理業者とは断言できませんが注意が必要です。
少し不安に思った場合は、時間をかけてご自身が納得できるまでじっくり工事に対しての説明をしてもらうようにしましょう。