京都での屋根修理・屋根リフォーム・屋根板金工事など、山口板金の施工実績

施工実績

右京区嵯峨にてカラーベストからスーパーガルテクトへの屋根カバー工法

先日、右京区嵯峨にて屋根カバー工法を行いました。
カラーベスト葺きの上からスーパーガルテクトを被せる工事となります。
本日はそちらの現場の様子をお送りいたします。

まずは施工前の様子です。

カラーベストからスーパーガルテクトへの屋根カバー工法 施工前

 

既存屋根であるカラーベストは、褪色やコケ・カビの発生、そして破損が起こっていました。
カラーベストとは、屋根材メーカーであるケイミューが販売しているスレート屋根材の商品名です。
本来はスレートと呼ばれるのが正しいのですが、カラーベストは日本全国で多く普及している屋根材ですので、商品名が屋根材の名称として呼ばれているのです。

カラーベストは軽量なため住宅への負担が少なく、屋根材の中では価格が安価というお客様にとって嬉しいメリットがたくさんあります。
しかし同時に、表面の塗装が経年劣化しやすいため、定期的にメンテナンスする必要をしてあげる必要があります。
つまり初期コストは安価に抑えられるものの、定期的にメンテナンスコストがかかってくるというデメリットがあるのです。

今回はそういった点を考慮して、カラーベストより高耐久なスーパーガルテクトでカバー工法を行います。
スーパーガルテクトはエスジーエル鋼板を素材としてできており、エスジーエル鋼板は従来のガルバリウム鋼板にマグネシウムを加え、ガルバリウム鋼板と比べ、3倍超の耐久性が認められています。
また、高耐久・高耐熱でありながら非常に軽量で、カバー工法の施工にも適しています。
まさに次世代の金属屋根と呼べるのがスーパーガルテクトなのです。

今回はカバー工法のため、既存屋根はそのまま屋根下地として利用するので、既存屋根の上から新たにルーフィングを敷いていきます。

既存屋根の上から新たにルーフィングを敷いていきます

今回使用したルーフィングはゴムアスファルトルーフィングと呼ばれるものです。
改質アスファルトルーフィング、改質ゴムアスファルトルーフィング、もしくはゴムアスと略して呼ばれることもありますが、すべて同じものを指します。
通常、新築時などは特に指定が無い場合、使用されるのはアスファルトルーフィングです。
アスファルトルーフィングは耐用年数があまり長くなく、グレードとしては比較的低いものになります。
一方ゴムアスファルトルーフィングは、アスファルトに改質ゴムアスファルトという成分を使ったものになり、耐久性は20年以上と長寿命になります。

ルーフィングを敷き終えれば、新たな屋根となるスーパーガルテクトを葺いていきます

ルーフィングを敷き終えれば、新たな屋根となるスーパーガルテクトを葺いていきます。
今回はスーパーガルテクトの「シェイドチャコール」というカラーをお選びいただきました。
「シェイドチャコール」以外にもシェイドブルー、シェイドブラウン、シェイドモスグリーンなどカラーバリエーションが豊富なのもこの屋根材の良い点です。

ただ何も考えずカバー工法をするだけではお客様のお悩みは根本的に解決することができません。
山口板金ではお客様のご要望をしっかりと伺い、コストはもちろん工事後のライフプランも考慮して、長く快適にお過ごしいただける最適なプラン、屋根材を提案させていただきます。
京都でのカバー工法、そして屋根修理・屋根メンテナンスは山口板金にお任せください!

い合わせ

お電話での屋根修理・雨漏り修理のお問い合わせ・ご相談は0800-111-7102へ!

京都市で屋根板金工事・屋根修理・雨漏り修理をご検討中の方は、ぜひ山口板金をご用命ください。
お電話でのお問い合わせは、上記電話番号までご連絡ください。
スマートフォンでご覧いただいている場合、電話番号をタップしていただけるとそのまま発信が可能です。
作業中で電話に出れない場合もございますので、その際は留守番電話に伝言をお残しいただければ幸いです。
伝言を確認次第、折返しご連絡させて頂きます。

メールでの屋根修理・雨漏り修理のお問い合わせ・ご相談は24時間365日受付中!

メールでのお問い合わせは、下記のメールフォームに必要事項をご記入の上、送信ボタンを押してください。
内容を確認し、2営業日以内にご連絡させていただきます。
ご相談・ご質問だけでも構いません、まずはお気軽にお問い合わせください。

お名前

住所

電話番号

メールアドレス

ご希望の工事内容

屋根板金工事 

カバー工法 

葺き替え工事 

葺き直し工事 

屋根軽量化工事 

雨漏り修理 

雨樋工事 

その他屋根工事

お問い合わせ内容の詳細(現在の屋根の状態・症状など)やご相談・ご質問など、自由にご記入ください