京都での屋根修理・屋根リフォーム・屋根板金工事など、山口板金の施工実績

施工実績

京都市右京区にて雨漏り修理

先日、京都市右京区にて、雨漏り修理を行いました。
今回のご依頼は、築40年ほどのガレージ屋根になります。
まず、施工前の様子です。

京都市右京区にて雨漏り修理 施工前 京都市右京区にて雨漏り修理 施工前

シングル葺がだいぶ傷んでいました。
シングル葺の寿命は10年から30年ほどになり、耐用年数を大きく超えていたために劣化が進んでしまい、その箇所から雨漏りが発生したようです。
撤去後、新しい野地板として構造用合板12ミリを施工していきます。

京都市右京区にて雨漏り修理 野地板施工 京都市右京区にて雨漏り修理 野地板施工

雨漏りが起こった際、表面の屋根材だけを取り替えれば終わりということは少なく、野地板まで劣化が進み、野地板も取り替えないといけないケースがほとんどです。
屋根が受け止めきれなかった雨水が内部まで浸透し、野地板を腐食させてしまうのです。
また、最近の新築住宅は機密性が高いものが多く、一度雨水が内部へ入り込んでしまうとなかなか水分が乾かず、結局そのまま腐食させてしまう事例も多いです。

野地板を施工した後は、ゴムアスルーフィングを貼り、立平葺、ガルバリウム鋼板厚み0.35mmを施工して完工です。

京都市右京区にて雨漏り修理 完工 京都市右京区にて雨漏り修理 完工

ガルバリウム鋼板の厚みは、メーカーと商品によって異なりますが、屋根は0.35mmの製品が多く、外壁は0.27mmの製品が多いです。
もちろん、厚みが厚いほど、凹みや歪みにくくなります。

しかし、「厚み=ガルバリウムの厚み」だと勘違いしている方や、「厚みがある=耐久性がある」と思い込んでいる人が多いのも事実です。
ガルバリウム鋼板の厚みは主に基材にあたる鉄の厚みを示し、「鉄の厚み」よりも「メッキ層の種類と厚み」の方が耐久性にとって重要な要素となります。
これからガルバリウム鋼板の屋根と外壁工事を検討している人は、ガルバリウム鋼板の厚みだけではなく、メッキ層の種類と厚みについても注意を払ってください。

熟練の屋根職人である山口板金では、屋根材一つ一つの特徴についても丁寧にご説明させていただきます。
その上で、お客様ひとりひとりに最適な屋根材をご提案させていただきます。
京都での雨漏り修理は、山口板金にお任せください!

LINEでかんたん
問い合わせ&見積もり依頼

い合わせ

お電話での屋根修理・雨漏り修理のお問い合わせ・ご相談は0800-111-7102へ!

京都市で屋根板金工事・屋根修理・雨漏り修理をご検討中の方は、ぜひ山口板金をご用命ください。
お電話でのお問い合わせは、上記電話番号までご連絡ください。
スマートフォンでご覧いただいている場合、電話番号をタップしていただけるとそのまま発信が可能です。
作業中で電話に出れない場合もございますので、その際は留守番電話に伝言をお残しいただければ幸いです。
伝言を確認次第、折返しご連絡させて頂きます。

LINEでかんたん問い合わせ・見積もり依頼!

LINEアカウントをお持ちの方は、LINEでのお問い合わせ・見積もり依頼も承っております。
上記バナーをクリックしていただくと友達追加登録画面に移動しますので、山口板金公式LINEアカウントを友達追加していただき、そちらよりお問い合わせください。

メールでの屋根修理・雨漏り修理のお問い合わせ・ご相談は24時間365日受付中!

メールでのお問い合わせは、下記のメールフォームに必要事項をご記入の上、送信ボタンを押してください。
内容を確認し、2営業日以内にご連絡させていただきます。
ご相談・ご質問だけでも構いません、まずはお気軽にお問い合わせください。

お名前

住所

電話番号

メールアドレス

ご希望の工事内容

屋根板金工事 

カバー工法 

葺き替え工事 

葺き直し工事 

屋根軽量化工事 

雨漏り修理 

雨樋工事 

その他屋根工事

お問い合わせ内容の詳細(現在の屋根の状態・症状など)やご相談・ご質問など、自由にご記入ください