京都での屋根修理は悪徳屋根修理業者にご注意を!

京都での屋根修理は悪徳屋根修理業者にご注意を!

屋根修理・雨漏り修理業界に限った話ではなく、建築業界はリフォームや外壁塗装などのあらゆる業界において悪徳業者が多いのが通説です。
これは日本全国で言われていることであり、ここ京都も当然例外ではありません。
建築業界はどんな工事であっても扱う金額が大きいため、その代金を狙ってのことだと言われています。

その中でも、特に屋根修理・雨漏り修理業界は悪徳業者の数が多いと言われます。
理由は、「工事箇所が簡単に見えない」「屋根は普段から頻繁に確認する箇所ではない」からです。

リフォーム工事であれば普段の生活に直結するので、不具合や手抜き工事もすぐに発見できるかもしれません。
また、外壁塗装も塗装ムラや塗り漏れなどがあれば、住まいを外から見た時にふと気づけるかもしれません。

しかし、屋根は高所にあるため近くでじっくり確認することができず、遠くから見ても角度があるためその全貌は見せません。
そのため、「今どんな状態なのか?」「具体的にどんな修理をしてくれたのか?」がわかりにくいのが屋根修理・雨漏り修理なのです。

そんな見えにくい・わかりにくい屋根だからこそ、悪徳業者は「今すぐ修理しないと雨漏りしますよ!」と皆さんを焦らせるような言葉を投げかけてきます。
特に雨漏りが発生した後では、早く修理をしないといけない!と焦るため、さらに悪徳業者の言われるがままになってしまうという傾向があります。

焦る気持ちはわかりますが、一旦冷静になり、落ち着いて修理を依頼する業者を選びましょう。
後述しますが、雨漏りが発生しているならいざ知らず、屋根材(瓦やカラーベストなど)に破損が見つかったからといってすぐに雨漏りは起こりません。

しかし、いざ気をつけると言っても具体的にどう気をつければ良いのかわからないかと思います。
悪徳業者はあらゆる手口で皆さんを騙そうとしてきます。
以下では「少なくともこの手口で皆さんに近付こうとする・こういう事を言ってくる業者は悪徳業者の可能性が高い」という2つの事例をご紹介します。

「保険を使って無料で屋根修理」を謳う業者には要注意!

近年、ホームページでもこの「保険を使って無料で屋根修理」を謳う屋根修理業者が増えています。
何も知らない方にとっては、「無料で屋根修理できるの?」と非常に魅力的に見えるかもしれません。
これは簡単に言えば、皆さんが加入している火災保険の「風災」の項目を使って屋根修理をしようというものになります。

結論から言えば、「保険を使って無料で屋根修理ができる」のではなく、「保険を使って無料で屋根修理ができることもある」です。

というのも火災保険の風災は、「火災や台風など、自然災害に遭った場合に使用できる保険」なのです。
ですので、経年劣化によって屋根に破損や劣化が起こっていたとしても、その場合は保険は使えません。
さらに、保険を申請すると第三者機関が現地調査に訪れ、実際に屋根の状態を確認し、本当に自然災害による被害なのかをチェックします。
その判断によっては保険が下りないということも往々にしてあります。

本当に使えるかわからない保険を、現場を見る前からさも使えるかのように宣伝するのはあまりにも無責任ですし、言わば詐欺にも近い行為と言えます。
それにも関わらず最初から「保険を使って無料で屋根修理」と謳うのは何故か?
それは「無料」という言葉を巧みに使って、皆さんに契約を結ばせようとしているだけなのです。

仮にそのような業者と契約を結び工事を依頼したとして、保険が実際に下りれば良いですが、もし下りなかったとしたらどうなるのでしょう?
もちろん業者側はそんなことは知らぬ顔を決め込み、「工事は終わっているので支払いをお願いします」と高額な費用を請求してくるだけなのです。

誠実な業者であれば、施主が保険の使用を検討していればアドバイスをくれたり見積もりを作ってくれたりはしますが、最初に業者の方から「保険を使いましょう」とは言いません。
実際に山口板金でも、申請書作成のお手伝いや申請に必要な写真を撮ったりはしますが、こちらから提案はしません。
そして、保険を申請する際にも「火災保険の申請をしても、必ず申請が通るとは限らないので注意してくださいね」と声をかけてくれるでしょう。

「保険を使って無料で屋根修理」を謳う業者には注意が必要です。

飛び込み営業を行う屋根修理業者には要注意!

ある日突然皆さんのご自宅にやってきて「外から見てたんですが、このままだと雨漏りしますよ!」と訪問営業を受けた経験はありませんか?
この飛び込み営業も悪徳業者の常套手段です。

綺麗な作業着を着た営業マンが、外から屋根を見て屋根の劣化に気づき、「このまま放置していると雨漏りするからうちと契約して修理しましょう」と言ってくるのですが、本当でしょうか?

屋根診断や雨漏り診断を行う際は、業者が実際に屋根に登り、ホースなどを使って水を流し、目視で屋根の状態を確認します。
そこまでしても慣れていないと判断が難しく、屋根診断・雨漏り診断は経験と知識が必要とされる作業だと言われます。
そんな作業を、下から見ただけのスーツを着た営業マンにわかるものでしょうか?

この場合、屋根が皆さんからすれば見えにくい場所なのを良いことに、不安を煽り契約を結ばせようとしているだけなので焦る必要はありません。
仮に本当に屋根材に破損や劣化があったとします。
上述しましたが、雨漏りが発生しているならいざ知らず、屋根材(瓦やカラーベストなど)に破損が見つかったからといってすぐに雨漏りは起こりません。
というのも、屋根材の下には防水シートが敷いてあり、屋根材で受け止めきれなかった雨水は防水シートで止まる仕組みになっているからです。
もちろんそのまま放置してしまうといけませんが、じっくりどの屋根修理業者に依頼するかを検討するくらいの日数は何の問題も無いので、焦ってその業者と契約を結ぶ必要などどこにも無いのです。

また、こういった訪問営業を行う業者の中には、「無料で屋根診断」といって屋根に登ろうとする営業マンがいますが、決して登らせてはいけません。
実際に、無料を謳って屋根に登り、皆さんが見えないところで自分で瓦を割って写真を撮り、「ほら、ここが割れてますよ!」とその写真を見せて修理を迫るといった犯罪まがいの事例もあったのです。
身元もわからないような営業マンを不用意に屋根に登らせるようなことは絶対にしないようにしてください。

こういった飛び込み営業を行う屋根修理業者に修理を依頼した場合、ほとんどの場合において修理の平均相場より高額になります。
それは、営業を行う営業マンの成果報酬が発生するからで、見積書には当然記載されませんがその分が皆さんがお支払いになる費用に上乗せされるからです。

飛び込み営業を行う屋根修理業者に依頼しても、工事内容・価格・信用の全てにおいて何一つメリットはありません。

京都での屋根修理は悪徳屋根修理業者にご注意を まとめ

屋根修理や雨漏り修理は決して安くはありません。
そして、雨漏りが起これば気持ちが焦ってしまうのも十分わかります。
しかし、高い工事費用を支払うからこそ、しっかりと直してほしい箇所だからこそ、「安かろう悪かろう」では無意味です。

少なくとも上記2つの業者については、疑って依頼しない方が良いでしょう。
大切なお住まいを守るための大事な工事だからこそ焦る気持ちを抑えて、慎重に信頼するに足る屋根修理業者を選ぶようにしてください。